「自分の歩幅で歩くニラサキで」|韮崎市地域おこし協力隊・須川りょう

-Shutterとは-
韮崎で暮らす人が「写ルンです」を片手に日常をめぐる企画。
思わずシャッターを押した「27のシーン」にコメントを添え、綴っています。

京都から韮崎に拠点を変えて2年。
コレがあるから、いいって思える場所もいいけど…コレがなくてもいいんだと思える居心地の良い場所もある。そんな、私らしい等身大の暮らしと日々のキロク。

Weekday

ソラヲキリトル

ついつい見ちゃう飛行機雲

駅前の桜と

ブレてるんじゃないよ。風が強いだけ

山梨は晴れの日が多いんだって

食べることが、すき

おちゃめなおばちゃんが作ってくれる煮カツ

はんぶんこするともっと美味しい

自然を全身で感じる

今日も今日とてはじまった
苦手な朝を克服するために早起きをする理由を見つけた◎

太陽と雲と山
いい景色をみると、ついつい鼻から大きく空気を吸ってしまう

高くて空が見渡せる所がすき
山かっこいいよね〜◎
でも、よ〜く見ると…電車きたーって瞬間(笑)

出勤前の風景

天気のいい日は屋上に行くって決めているんだ

いい曲線といい影

立ち止まりたくなる足元の風景

足元にも春

地面いっぱいに広がるピンクの絨毯

桜は影だってかわいいんだな

Holiday

店に行くのではなく、マチの人に会いにいくそんな日

韮崎で沖縄料理を楽しんだ夜
みんな個性的でパワフル〜◎

お気に入りを少しずつ
近くに器屋さんができてうれしい

大きな窓から差し込む光が心地よい朝の9時◎
大好きなご夫婦がいるコーヒ屋さんにて

お花が家にあるってなんかいい◎
坂道の上にあるお花屋さん。お花のコト以外も教えてくれる

おいしいを求めてふらりと
COFFEEとブラウニーに会いに(笑)

韮崎以外もたまにゆく

意外と大きい信玄さん。想像の2倍はある、きっと

朝7時の一コマ。朝活はじめました◎
同世代とゆる〜く

電車の窓越しでもポカポカとあたたかい日
まだ探索できていないから今度ゆっくり

むかわ圧巻の桜並木
韮崎から30分くらい。好きな場所のひとつ

いいなと思える景色を大切に

春っていいな

土筆見えるかな?
たぶん2本は写っているはず

見て、気づいて、どう感じるかって大切

現像してから気づいたこと

京都にいたときは人の波に流れて生活を送っていたけど、韮崎はいい意味で人がいないから
自分の歩幅で、立ち止まって空を見上げたり、地面の影やお花をみたり、
目に映る景色をゆっくりと見ていいなーと感じる事ができる。
だからゆっくりとした時間が流れている気がするんだとわかりました。

自分の歩幅で歩く、このニラサキで。

須川りょう
韮崎市地域おこし協力隊

農業高校、アパレル、テーマパークのクルーなど多様な経験を経て、気づけば韮崎というマチで地域おこし協力隊と星空案内人に。ほどよい田舎暮らしを満喫中~◎。