にらレバ編集部

にらレバの編集部は、韮崎出身者を中心に、Uターン者や、Iターン者、二拠点居住者などで構成されたチームです。

韮崎の魅力を毎日取材し、発信しています。

編集部メンバーのご紹介

窪田 いくみ

にらレバ編集長・ライター

山梨県中央市生まれ、韮崎高校出身。

2016年に韮崎市の地域おこし協力隊に就任し、NPO法人河原部社と一緒に「青少年育成プラザMiacis」の立ち上げ・運営に携わる。

2019年4月に韮崎市でフリーランスとして独立。

協力隊任期中に立ち上げた当メディア「にらレバ」の編集長業務と、BEEK designのアシスタント業務をしごとの2本柱とし、活躍の幅を広げられるよう文章・デザイン・写真などの技術を日々磨いている。

西田遙

プロジェクトマネージャー

山梨県韮崎市生まれ、韮崎高校出身。

大学生時代にシェアスペースやシェアハウスを創業、卒業と同時に地域のプロジェクトデザインを生業とする一般社団法人シタクビト創業。翌年、地元韮崎にて中高生や若者と社会との接点を生み出すNPO法人河原部社創業。

標高1000m、人口400人の増富ラジウム温泉郷に暮らしつつ、これからは暮らしをテーマに活動の幅を広げていくために実践中。

岡田拓也

WEB製作、編集者

兵庫県豊岡市出身。宮崎と東京の二拠点生活を起点に、全国各地で地域発のプロジェクトに携わる。

「にらレバ」ではWEBサイト製作と、編集を担当。韮崎駅に降りた際の圧倒的な景観美に魅了され、韮崎のことを大好きに。にらレバを通じて韮崎の魅力を発見し伝えていくことに、いろいろな仕掛けをしていきたいと企み中。

にらレバを一緒に作りませんか?

にらレバ編集部では、メンバーを募集しています。韮崎の見職を発信したい、韮崎でライターとして活動したい、記事を寄稿してみたい・・・など、にらレバの活動に興味をおもちいただいた方は、下記のフォームよりお問い合わせください。