告白するなら韮崎市!成功率を高める『ロマンチックデートコース』成功しなくても楽しめる...!?

韮崎のスポット

みなさん、こんにちは!私は今年8月からにらレバにインターンにきている山梨県立大学の2年生、中国から来た留学生のジェ シャンシンです。

今回の記事では、私が考えた『韮崎ロマンチック告白コース』をご紹介します!

私が実際に自分の足で韮崎市内を回って、ここはデートに良いなと感じた場所をコースに取り入れてみました。コースを回るのに適した時間帯や、おすすめの告白の場所、相手の答えによって2種類に分かれるその後の行き先まで、付き合う前の2人のデートを妄想しながら具体的に考えてみました。

このコースで、必要なものはただ一つ。相手に恋している心です。最後まで読んでいただければ、きっと告白の参考になると思います。

『韮崎ロマンチック告白コース』ができた理由

にらレバでは8月に、インターン生向けの韮崎ツアーが開催されました。私もツアーに参加し、にらレバ編集部の皆さんと一緒に、韮崎の観光名所とお店をいくつか訪ねてきました。韮崎市は小さなまちですが、楽しめるところがいっぱいあるということを知りました。

もともと観光に興味がある私は、どんな人にこの韮崎の魅力を知ってもらいたいかな?と考え、“告白をしたい人向けのコース”、名付けて『韮崎ロマンチック告白コース』というプランを思いつきました。韮崎市の綺麗な景色を見ていたら、「韮崎で告白するのも素敵かもしれない!」と感じたのです。

「告白したいけど、いい場所が見つからない。」
山梨県内に住んでいる若者のみなさん、このような悩みを抱えていませんか?好きな人がいるのに、その悩みが原因で恋のスタートを踏み切れないのは、残念ですね。人生を振り返った時に後悔しないように、素敵な告白場所を見つけて、好きな人に思い切って告白しましょう!

『ロマンチック告白コース』の流れ

コースの流れ説明図

さっそく、このコースの一日の流れをご紹介したいと思います。

このコースの集合時間はあえて遅めの14:00から。午前中はゆっくり休んで、午後から元気に遊びましょう。

集合したら、市内のお店でおいしい軽食をテイクアウト。そのまま甘利山までドライブし、山頂に登って軽食を食べたあとに、美しい景色の中で勇気を出して告白...!告白の結果によって、その後のコースは2パターンに分かれるという流れになっています。

告白が成功した場合はそのままに二人でディナーへ進み、失敗した場合にはある場所に立ち寄って悲しみをさっぱり流します...!

それでは、告白の成功率が上がるであろうこのプランを詳しく説明していきます。

コースの事前準備

◉車の手配と運転道路の確認

韮崎市内から甘利山の駐車場まで、車でだいたい一時間かかります。カーブが多い山道なので、事前に道を確認しておくと運転に余裕を持てるでしょう。

◉ドライブを楽しむための準備

甘利山に向かう途中の素敵な景色の中、車内で音楽を流すことでロマンチック感がさらに増しそうです。事前に相手が好きな音楽を確認しておくことで、より盛り上がること間違いなし!

◉動きやすい服装

甘利山のウォーキングコースを歩くので、動きやすい服装でくることを相手にも勧めておきましょう!

14:00 増田珈琲と野菜パンの店ド・ドウで軽食をテイクアウト

14:00に集合したら、まずは甘利山に持っていく軽食を市内の飲食店でテイクアウトしましょう。ここでおすすめするお店は、増田珈琲と野菜パンの店ド・ドウです。

八ヶ岳珈琲(旧増田珈琲)

八ヶ岳珈琲外観

『八ヶ岳珈琲』は、スペシャリティコーヒーの専門店です。店内で豆を焙煎しているので、店内にはコーヒーの良い香りが漂います。季節によって種類が変わる豊富な豆の中から好きなものを選ぶと、その場で豆を挽いてコーヒーを淹れてくれます。

もしメニューに悩んだら、親切なマスターに聞けば、豆のことをいろいろ紹介してくれます。店内の雰囲気は温かく、さまざまな雑貨も並んでいるので、マスターがコーヒーを淹れている間の時間もたのしく過ごすことができます。

マスターの細井さんの写真
さまざまな種類の豆の写真
店内に並ぶ雑貨の写真
店内で販売しているオリジナルニーラグッズ

野菜パンの店 ド・ドウ

ド・ドウ外観

次のお店は、『野菜パンの店ド・ドウ』です。“野菜パン”とは、生地に野菜が練り込んである彩り豊かなパンです。野菜が嫌いな人でも、ド・ドウの野菜パンなら野菜の栄養を摂取することができます。見た目もかわいく身体にもいいので、きっと彼女も喜んでくれることでしょう。

ド・ドウのオーナー夫妻はいつも笑顔で接客してくれます。まちのことを聞くとさまざまなおすすめの場所を教えてくれるので、ぜひお店での会話も楽しんでみてください。

14:30~15:30 のんびりドライブ 

軽食の準備ができたら、甘利山に向かいましょう。甘利山に向かう途中の農道は、南に富士山、北に八ヶ岳が見える景色が素敵な一本道です。車の窓を開けると、緑の田んぼ道のなか、柔らかい風を感じられてとても気持ちがいいです。

そのまま、『幸福の小径』という縁起の良い名前のついた道を通って、告白の成功を祈りましょう。幸福の小径は、韮崎の出身でノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智さんが中学時代に歩いた通学路。さまざまなアート作品も並んでいるので、車を降りて少し歩いてみるのもいいかもしれません。

農道の稲穂の写真
稲穂がきれいな夏の農道
幸福の小径のアート作品
幸福の小径にはさまざまなアート作品が並ぶ
富士山の写真
富士山や周りの山々が一望できる

ドライブ中は、相手が好きな音楽を流しましょう。

もしこの時緊張してしまって、話題が出てこなかったら、静かに音楽を堪能するのもいいですね。

甘利山へ行く途中の道なりは、カーブの多い山道なので、車酔いしないように相手を気遣いながら、運転しましょう。

15:30 甘利山駐車場に到着し、とうとう登山スタート

駐車場からの景色

いよいよ甘利山に到着です。駐車場からは、韮崎市を一望できる絶景が広がっています。景色を楽しんだら、山頂を目指して登り始めましょう。

駐車場から山頂までは、徒歩で30分ほどです。歩く時間も短く、登山道も整備されているので、登山初心者でも気軽に登ることができます。登山道入口付近に「仙人の杖」というカラフルな登山棒が無料で貸し出されています。気分を上げるために、仙人の杖を持って山頂に出発するのがおすすめです。

登り出して10分くらいのところに東屋があります。その先からの展望も良いので、ぜひ立ち寄ってみてください。ここで満足という人もいるくらいですが、せっかくなので山頂を目指してみましょう。

甘利山の空気は綺麗で、歩いていると木や花の香りがします。蝶が花の上を軽やかに舞う姿も見られます。ミツバツツジやトリカブトなど、他の山ではあまり見られない植物もあります。6月中旬には約15万株のレンゲツツジが辺り一面を彩る様子も見られるそうなので、タイミングの合う方はその時期に訪れてみるといいかもしれません。

甘利山のレンゲツツジの写真

16:00 山頂に到着、とうとう告白!!!

16時頃、甘利山の山頂に到着です!山頂は韮崎市全体を見下ろすことができる、見事な見晴らしです。雲がない日は富士山も見えます。少し下るとくつろげるテーブルスペースがあるので、そこでおいしいパンとコーヒーを出して、相手と話をしながら食べましょう。

食べ終わったら、今日のメインイベント!いよいよ告白です...!

勇気を出して相手に自分の気持ちを伝えましょう。

妄想が広がりすぎて今回はおすすめの告白のセリフまで考えてしまったので、お節介かもしれませんが、それも最後に紹介させていただきます!

告白の結果によって、二つのパターンに分かれます。

OKをもらった場合は2人で喜びをさらに深めてほしい、NGだった場合も気まずくなることなく、悲しみをさっぱりさせてから帰宅してほしい。そんな思いから告白の結果によって2つのパターンに分かれるコースを考えてみました。

OKだった場合は、レストラン『まるげ』へ

恋人となり、これから幸せな恋愛生活を送ることになった二人。甘利山から降りた後は、一緒にディナーへ行ってみてはいかがでしょうか。

きっと嬉しすぎて、何を食べても世界中で一番幸せだと思うでしょう。その楽しい気持ちをより一層上げるために、一つおすすめのレストランを紹介します。

そのレストランは、「まるげ」というイタリア料理店です。

ムードのある店内はデートにぴったり!いい雰囲気が流れ、落ち着いていて話しやすい場所です。このお店が使う食材は新鮮で料理が美味しく、盛り付けも美しいです。水牛のチーズを使ったピザは特に人気のメニューです。お酒の種類も多く、ワイン、ウイスキー、日本酒など、幅広く揃っています。彼女も喜んでくれること間違いないでしょう。

まるげ内観
まるげ料理の写真

NGだった場合は、白山温泉で心と体をさっぱり!

告白を相手から断られてしまった場合は、友達に戻りましょう!

「断られて恥ずかしいから、一生もうこの人と関わらない。」こういう消極的な考え方は良くないです。友達という存在は大切であるため、恋人にならなくても、友達としてこれからも仲良く付き合っていきましょう。

甘利山を降りた後は、韮崎駅に彼女を送って1日のお礼を告げて解散します。

断られたばかりで、落ち込むでしょう。そんなときは、白山温泉がおすすめ。一人で温泉に入って、街のきれいな夜景を眺めて、心と体をさっぱりさせましょう。悲しみを全て水に流したら、家に帰ってゆっくり休みましょう。

白山温泉の写真

おまけ:おすすめの告白のセリフは?

今回はおすすめのデートコースだけでなく、理想の告白のセリフについても考えてみました。

告白のセリフは非常に大切です。日本人は、直接的な表現を避けようとする傾向があります。例えば、夏目漱石。「月が綺麗ですね。」という言葉を用いて、「私はあなたを愛してる。」という意味を表しました。彼の言葉は、ロマンチックです。

しかし、言葉が曖昧過ぎると、相手に自分の気持ちを理解してもらえないかもしれません。相手の目を見て、シンプル且つストレートに想いを伝えるのがやっぱり一番だと思うんです。

"私は、あなたのことが好きです。付き合ってください。"

これが私の理想の告白のセリフです。相手の現在だけではなく、今まで過ごした時間を含め、すべてを受け入れるという想いを込めることが大切です。包容力が強いこの言葉を使って、自分の想いを相手の心にきちんと届けましょう。

筆者から最後の一言

ここまでが『韮崎ロマンチック告白コース』の内容です。韮崎市内の飲食店と観光名所を入れながら、ロマンチックに過ごす一日のプランを考えてみました。みなさん、いかがだったでしょうか。心がドキドキして、好きな人に告白したいという気持ちになりませんか?

山梨県は田舎なので、デートに行く場所がないと思う人もいるでしょう。けれど見方を変えてみたり自分自身でプランを練れば、ロマンチックな告白コースだって作ることができます。

青春はいいものです。みなさん、ぜひ勇気を出して、思い切って告白してみましょう!告白が成功してもフラれてもきっと良い思い出になると思います。

その際はぜひ、このロマンチックコースを参考にしてみてください!